July 2007アーカイブ

 確か本館だった、机がぐらついていたので、試験の
しおり等数枚を脚と床の間に挟んで調整したから、
手元に会場資料がないがため。

 パート3に引掛けが複数見られた様に、リス、即答
してはいけない設問に注意した。また、パート7、最近
のレジュメの書き方についてじっくり読み込みたかった
が、目標はスコアだから、さらりと流した。

 スピード優先で、確かめを済ませた後、1分しか時間が
余らないのは勘が鈍っている証拠か。パート5自体は2時
丁度に折り返すことができたが、細部に手間取ったかな。

 試験後の水がうまいのはいつものこと。夏だから特にね。
ミスが結構あるので期待はしない。ただ、公約はいつもと
変わらず。

 では。

ハリポか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 BBCだから当然じゃないかといった見方が
あるが、子供達の声を伝えていたな。それに
対しY紙は...ああ。

 原著が英語だから、ラグが生じてしまう、
でもね、気楽に眺めるもんだと考えているが、
またどうでもいいことを書いてしまったかな。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は、LとR。正答率は、パート4が
8/18で、パート7が14/20、トータルで、Lが
55/100で、Rが77/100。

 明日はお休みです。

 では。

 この試験は追い込まないと成果に繋がらない。
だから逼迫する時間を最小化して、健全な生活を
維持したいとも考えるが、これは甘いんだな。

 今回は練習量を減らした。数値に表れているが、
STEPに軸を移した状態だから、総合力で勝負する
展開をせざるを得ない。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は、LとR。正答率は、パート3が2/9、
パート4が4/12で、パート7が16/19。笑うしかない
が、傾向を思い出しつつある。

 明日もがんばろう。

 では。

新たなる勝負。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 逼迫した勝負にしたくない。ゆとりを重視して、
そう、ユーモアを忘れたくない。振り返る暇はない
が、開拓者精神を大事にしたい。

 僅差の勝負が続く6月だった。中期戦の枠組みで
ロング・スパートが始まっている。きっちりと守り抜き
成果に繋げたいものだ。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は、LとR。正答率は、パート3が
14/21、パート6が7/12で、パート7が4/9。パート7
の不振の理由はジャパタイから離れた期間がしばらく
続いたからかもしれないが、要因は複数存在。

 明日もがんばろう。

 では。

スパート駈けて。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 特別なメニューはなく、生活英語がテーマ
だから、BBCを軸に据えて耳を鍛え直す。されど、
話題の偏りが気になる時もある。

 なんでも聴いていこう。スピードは全盛期の
80%程度に回復する。作業の連続だから、ここ
から気持ちだけスパートを駈ける。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は、LとR。正答率は、パート2が
12/20で、パート5が17/20。パート5に関し、
8分丁度で、計、19分30秒、15分切りたかった
との思いが残るが、当日に。

 明日もがんばろう。

 では。

いよいよ、パート3。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 勝負の勘を取り戻す準備に取り掛かる。切れが
悪いと感じることもあるが、5日あれば十分だろう。
舞台は7/22だが、最高気温29℃、曇りとのこと。

 色々やらねばならない1週間になりそうだが、
筋を通しながら進めていけば理解を得られること
だろう。気楽に進めようと考えている。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は、LとR。正答率は、パート1が
9/10、パート2が6/10で、パート5が19/20。
パート5に関し11分30秒。8分を切りたかった。

 明日もがんばろう。

 では。

 忙しない日常を離れると、こんなにも満喫できる
ものがあるのかと、改めて視野を拡大することを
可能ならしめるこれまでのメニューに感謝する。

 ルーティン・ワークだけでは失うものが数多く
生じてしまい、気ままに自由を謳歌する姿勢こそ
が幸せに通じるのではないか。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。肝心な事は、
発見する心にあり、単調な作業に感じることが
あれば、創意工夫すべき点に繋がるだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

 たまに減点法の視点から記事を読んでいる関係者
の存在を意識することがあり幻滅する。声を大にして
言いたいことは、偶にはくだらないことを目一杯記事
にしたいということだ。

 ああ、遊び友達と別れて数年、陰口叩かれようが
遊びまくっていた頃は幸せだったと言うのは事実で
あり、戻ることはないから、次を構築する段階なんだな。
厳しい視線には慣れたが、何故?放っておいてくれ。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。心の友がこの模範
スピーチになっている。比較するに、大学は...。
最近メディアで目に付く教員(官)の半分は...。
これ以上失望させて何が生まれるのか...。

 明日もがんばろう。

 では。

 基準が65.56、当方64.90ゆえ忸怩たらん思いを
抱くが、気ままにドイツ語に触れながら、成果に
思いを巡らし、本腰据えるかなと考えるに至る。

 仏か独、1つに絞り込まない事が長期化の要因の
1つだが、今は押し続ける時期、随って伊の予定を
延期し、物量作戦を継続する。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。秋季、仏で攻めると、
第2回と第3回が受験できない。じっくり基礎固めが
できて有り難いと考えるべきか。今年度を見送る公算
が高まるが、第3回の可能性が残る現状。

 明日もがんばろう。

 では。

闘う日々を振り返り。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やりたくないことはすべきではないとの感想を
抱くに至る。何が切っ掛けで切迫した日々が続い
たのかの見当もついているが、解放されることは
いいことだ。

 そうは言っても7/22(日)、出陣だ。慣れもあるが
公約を掲げるものの縛られるつもりはなし。だって
この試験の公約は通過点だから終わりがないじゃん。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。2周目に入ったが、
新鮮な事項があるということは、まだまだじゃないか。
そんな感じだが、じっくり進めていこう。

 二外対策は休暇期間に入るが、専門に入るのは
一外で結果を出してから。

 明日もがんばろう。

 では。

妥当に、パート1。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 現実を眺めること、そして視線を遠くに移すこと、
こんなことを具体化することに幾許の意義がある
のかと考えることもあるが、のんびりと。

 じっくり、気長に、のんびり、のびのびと、こんな
具合に弛む時期があっていい。それが望みだった
はずだ、そして本物の休暇に磨き上げたく思うこと
もある。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。モデル・スピーチ、
ようやく1周する。結構な数になったが、序の序。
すぐに周回態勢に入る予定。

 二外対策は、休暇を継続中。

 明日もがんばろう。

 では。

さて次だ、パート1。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 切り替えのスピードが重要、さらに情報が流れる
速度と精度を上げることも重要、忙しくなるのは勘弁
だが、きっちり乗り切りたい。

 7/22が気掛かりだが、実力があるのであれば、
妥当な数字が出るだろう。生活英語の試験だから、
やりようはあるだろう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。300個くらいを
復習するが結構抜けてる。物量作戦に変更は
ないから、このペースでのんびりと。

 今週は二外対策は休み。立て込むことを
勘案して。そうは言っても、報道外語の世話
にはなってるかな。

 明日もがんばろう。

 では。

 ディクテが2点に留まったことが敗因の1つ、文法
事項に漏れがあることが2つ、対策として11/18まで
のプランを練り直し、捲土重来を期したい。

 4ヶ月あるが実質50日前後しか準備に時間を充て
られない現状を鑑み、タイトなスケジュールが気になる
が、のびのび楽しく進める方針を維持する。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
5/15。まず1周を果たし、その感想は、思った程
ストレスを感じないだから、物量作戦は順当な経過
を辿っている。

 仏検対策は、ただRFIを聴く、これでいいのかと
考えることはあるが、今日ぐらいこれでいいだろう、
気ままにやって成果を出して見せるさと、強がりを
心に抱く、本当は精進あるのみかな。

 明日もがんばろう。

 では。

 闘う姿勢を伴わないと、のびのびできない点に
窮屈な感を残すが、自由と経済的独立の獲得を
視野に入れ、これは大層な話ではなく、個人的な
話だが、精進する。

 自然な感情を表現する自由も回復しないとならない。
私が笑うと不快感を示す方々と対話を継続することが
あり、それゆえ隔絶の時期は遠からず訪れるだろう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
16/30。この中期戦には様々なことが内包されて
いる。やっかいだが、克服するよう精進する。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。勝負は、試験中、
試験後、その後に訪れる。やれやれといった感想が
あるが、やれやれ感は試験に限ったことではない。
まあ、いい。精進あるのみ。

 明日もがんばろう。

 では。

模様眺め、パート1。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いやさ、結果を待つ時期とは備えを固める時期
でもあるから、色々調べものができて、ただ国内の
情報に安住できないのが大変なところ。

 多角的にリサーチを進める姿勢は今後に繋がる
ものであろうが、成果に繋げねばならないとすると、
やっぱり大変じゃないか。ああ。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWL、
これ高校と大学の先生が書いてるんだな、と今更
ながら気が付く、21/60。序の序じゃないか。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。秋を睨んだ
戦略を構築し突っ走りたい気分だが、怖さを感じ
ようとも、1次の結果と対峙せねばならない。ああ。

 明日もがんばろう。

 では。

 9/1(土)から伊を再開する。第26回春季をターゲットに
する。独は、伊で成果を出すまで報道外語中心の構成。
仏は、仏字新聞をメニューに組み込み、語彙の増強を
狙う方針だが、試験範囲を考慮すると、過剰の感がある。

 このプランは独検通過を前提としているが、現状を
振り返るにボーダー上だから、事実を確認し修正を
加える可能性が少なからずある。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
33/60。2周してから1100、一方 Timesを読み込む
量の増大が要求されている。随い、精進あるのみ。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。結果次第で
仏字新聞の読解に移行することを考える。最適化を
考慮すると、多少試行錯誤の時期を迎えても罪には
ならない。

 明日もがんばろう。

 では。

今日、発送か。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 待つ立場、いい感触がないだけに持久戦の
様相を示す。ボーダー近辺の受験者の感慨は
斯様に複雑なものであり、だったら勉強せい、
との結論に至る、、、か。

 スカッとするには、精進を重ねるしかないだろう。
そして結果だ。2つに1つだったら、それ程考え込む
必要はないだろう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
13/15。スピーチは復習する必要があるな。SWの
利用が効を奏すれば良しだが、楽観しない。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。近日中の結果を
鑑み、構成に変更があるとすれば、敗北を喫した時
だが、勝負はこれからさ。

 明日もがんばろう。

 では。

 短期的視点に凝り固まった方々が多い現状を
鑑み、引いて攻める姿勢に戻る。別れる頻度が
多いことを気にして、大事なことを見逃しては困る
から、引いて攻める姿勢に意義はあるだろう。

 のびのびするために、結構振り切らなければ
いけないものがあることに気付いている。だから
反証可能な事実関係を整理する期間が必要だ。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
21/60。テレコに不具合が生じる。結構使ってきた
から、交換の時期か。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。数点差で
適わぬ結果になったとして、11/18で巻き返す
意識に切り替えることが必要なメンタリティーを
保持することも大事。

 明日もがんばろう。

 では。

 ブログが国際化すると、アメリカからのスパムが
増加する。アタックを受け、迷惑な事この上なし。
対応策をそろそろ真剣に考える必要があるか。

 スパムは確信犯の集まりが送信しているから、
そのための英語とイタリア語(←これも最近多くて、
困る)を鍛え直す必要がある。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
34/60。80%~の水準に引き上げたいから、とは
言え、じっくり進める。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。発音、RFI の
報道を真似するには10年早いと言われそうだが、
物量作戦遂行には不可欠。

 明日もがんばろう。

 では。

 前回、対策を行ったが白紙の状態での受験で
あったのに対し、今回は新たな成長を目指す叩き
台を築き上げることを考慮する三部作の第一幕に
なり、TOEFL、英検の流れの中に位置づけ、反省
点は多岐に亘る。

  Speaking    Writing     Level   
130130 S 6  W 6 
  Pronunciation    Intonation and Stress  
わかりやすい効果的

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
8/15。iBT対策を通じ着実にスピーチの基礎を築けば
良いが、眺める視点の育成と音声学・音韻論の基礎
を習得する必要が生じる。精進。

 仏検対策は2次対策と聞き取り。答える事に意識が
行きがちだが、1に2にも聞き取る能力を鍛え上げること
が重要だとの反省を生かす。

 明日もがんばろう。

 では。

書類整理、パート1。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ハード・ディスクにデータがある紙媒体を処分する
ことは当然として、活用しない紙媒体も処分、残りを
インデックス化し、作業効率の向上を目指す。

 休日に自宅でやることじゃないなと考えることも
あるが、インデックス化した紙媒体の目録を Excel
で作成することが明日の日課の1つ、何やってんだ
かと考えることしきり。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
38/60。1100に繋げるためにも、安定して高い正答率
を叩きだせるよう訓練あるのみ。

 独検対策は読解と聞き取り。ここから2年で済めば
順調な方、必要な知識をどんどん仕込んでいく。終わり
なき旅路には情緒があるんだよなと雑念が涌くときが
あるが気にしない。

 明日もがんばろう。

 では。

 気力、体力を蓄える時期に移行する。7/22 に
対し万全の準備をとれないが、やりようがない訳
じゃないだろう。

 余力の構築に全力を尽くす。ゆとりが必要との
認識に変わりなし。お陰で体重が増加し始める。
健康的な生活の賜物だ(←素朴な感想ゆえ、
気分を害されないことを祈るばかり)。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とスピーチ。正答率は、BWLが
25/60。じっくりと進めればいいだろう。道がある
だけましの感がある。

 独検対策は読解と聞き取り。ZD用の教材を
調べるのは尚早かもしれないが、国内の教材を
総浚いすることと同時進行する時期がいずれ来る
ことだろう...?

 明日もがんばろう。

 では。

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

このアーカイブ

このページには、July 2007に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはJune 2007です。

次のアーカイブはAugust 2007です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて