趣味の最近の記事

 AUの携帯をモデム代わりに利用できる
ことは分かった。ただ問題はそれだけじゃ
なく、以下言い訳染みた話が続くことになる。

 僕はPHSをインターネットラジオプレーヤー
代わりに利用していて、日, RAI、月火, RFI、
水木, BBC、金土, Deutschlandradio Kulture、
といったメニューで移動時間に耳慣らしをして
いる。

 RAIはファイルの形式がrpmだからReal One
Playerが、RFI, BBC, Deutschlandradio Kultureは
形式がpls, asxだからTCPMPが再生に必要になって
くる。

 するとパケット料金が結構かさんでしまい、
つなぎ放題を導入せざるを得ないことは理解
してもらえるかと考えている。

 丁度この7月に契約の更新をしようかと考えて
いた所だが、当面、1年ぐらいはこの問題を棚上げ
させて欲しい。AUに定額コースがあり、Willcomの
通信速度が遅いことに加え、向き不向きがあることは
分かるが、経済面を重視すると現在の環境から動き
にくい環境に置かれている現状だ。

 誰に何を話しているか分かり難い文面で恐縮ですが、
せっつかれてもちょっと動かしたくない、つまり語学
習得のためのこれまでの良き相棒であった端末に名残が
あるといった問題のため、技術とサービスの進歩を待つ
といった結論に理解を求めたい所かな。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は読解とエッセイ。読解の正答率は、
4/4。エッセイはPROS and CONSの論点把握に
時間を費やす状態でまだまだこれから。

 独検対策は語彙と聞き取り。語彙の分量が
然程多くないことに助けられ、負荷なく進む
時期が続くが、まだこれから山ありといった
具合だろうか。

 明日もがんばろう。

 では。

 体調の不調の原因が漸く分かり始めたが、まあ
時間を掛けるしかないだろう。東大病院まで行った
価値があったと言えるが、こんな時もあるか。

 なんか陰気臭い話になりそうな雰囲気が漂い
始めているが、ここはパワープレイで乗り切る
手もあるかもしれない。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は読解とエッセイ。読解の正答率は、
3/4。読解に関し、まだポイントを絞り切ってない
箇所があり、再度取り組む必要があるだろう。

 仏検対策は語彙とディクテ。最近別の事ばかり
考えて弛んでいるんじゃないのかとお叱りを受け
そうな気配があり、精進あるのみだろう。

 次回の投稿は7/15(木)です。

 では。

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

このアーカイブ

このページには、過去に書かれた記事のうち趣味カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは文化・芸術です。

次のカテゴリはコンピュータです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて