January 2007アーカイブ

 未だし or 雪降らぬし で迷い、他方、勝手な日本語を
使うなと、読者の皆様からお叱りを受けそうで恐縮だが、
道が凍結するから、用心せねばとの思いに駆られての
こと。

 どうでもいいことを書き連ねている気がしなくもないが、
物量作戦の遂行には、体力のコントロールが重要で
あることを実感する、当たり前か、1週間になりそうだ。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。正答率は、リスニングが8/10で、
リーディングが18/20。メモのタイミングを間違わぬよう、
そのためにもトピックスのリテンションを拡大させたい。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、35/60。
睡魔がミスを誘うが、理論武装で応戦するしかない。慎重に、
だが、速度を落とすことなく進めるべし。

 明日もがんばろう。

 では。

じっくりと。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 体力の温存を優先事項に据えたため、仮眠をとる
回数が減るべきなのだが、つまり寝る時は一気に
寝るべし、との思いがあるが、今は調整中。

 ライティング2本にかかる時間は integrated task なら、
75min程度。ただ必要事項を漏れなく記述することが
大切だから、時間は目安にすぎない。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はスピーキングとライティング。2本ずつ
仕上げていった。具体化する過程をシステマティックに
すれば、発話量が増大するはず。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、
15/29。伊作文の練習材料として妥当な文章に
恵まれる。条件法の章が終了する。

 明日もがんばろう。

 では。

 連戦を控えて、二進も三進もでは困るから、健康
増進週間とでも名付けて、ゆったりする。そう、こう
いう時間が貴重なことは身に染みて分かっている
ので、有意義な日々にしたいものだ。

 適切な計画により、TOEFLのライティング以外は
その時間が想定内に収まる。TEFとの比較で、良い
意見とは何かについて、改めて考え直すことがあった。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。正答率は、リスニングが
17/20で、リーディングが18/20。この言葉の後
ならメモが取れる、といった感覚を掴みつつある。

 TEF対策は読解と聞き取り。正答率は、読解が
9/12で、聞き取りが5/17。フランスのアメリカ映画
に対する思いが読み取れて、興味深々。いや、
こんなことで、枠組みを作っちゃいけないんだろうが。

 明日もがんばろう。

 では。

体力勝負、パート4。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 自然と眠りが訪れる時、厳密には判断を挟んでから、
仮眠をとるのだが、安らぎとは程遠い状況に対し、そろ
そろ対策を採り始めるか、と考えるに至る。

 健康を考慮すべき、いや、でも無理せねば成果に
繋がらない事情を抱え、幸せ斯くの如しかでは困る、
中期戦を制するには根性が必要か。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。スピーキングは6本、ライティング
は2本。正答率は、リスニングが15/22で、リーディングが
22/22。2日分纏めて消化したため、時間が倍増する。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、
36/47。条件法に入る。そして聞き取りは2周目。
質と量は維持可能な水準。

 TEF対策は読解と聞き取り。正答率は、読解が
5/15で、聞き取りが4/14。初めはこれでいい。
慣れる事を念頭に練習継続。

 明日もがんばろう。

 では。

解放へ向けて。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 課した縛りを解き放つことが必要だが、程度問題
でもあるので、良い知らせを創造するよう努力を続け、
時に、魂に安らぎを与えねば、との思いがある。

 しかし物量作戦を遂行する側としては、結構、
いや、結果だ、気力を練り上げ、連戦に臨まねば、
しかし自由の青い鳥を見る日はあるのだろうか。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。スピーキングとライティングに
おいて、重視することは情報量であり発話量。良い
意味でTOEIC SWが効いている。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、
29/55。妥当な経過を辿っているが、圧倒的な
実力をもってしないと制することができない場面
もあろうから、さらに精進。

 明日もがんばろう。

 では。

完全休養日が欲しい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いやさ、1日あたりのリラックスできる時間がゼロって
なんだよ、と考え込む日々が続く。俺を枠にはめるな!
と誰に言えばよいやら。

 ストレス解消の友は遠方にあり。ああ、唯一の
息抜きの時間がテストの当日といった日々に慣れる
しかないが、何度も繰り返すが、忙しさは美徳でも
何でもない。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。正答率は、リーディングが
15/17で、リスニングが11/16。リスは解釈が必要
だから、メモに対する意識のウェイトを下げ、まずは
理解、次に理解、さらに理解で進める。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は
10/23。遠過去に入る。手強い問題が並ぶが、
今、喰らい付かないと、3月に対等の勝負ができない。

 明日もがんばろう。

 では。

体力勝負、パート3。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 瞬発力じゃない。耐久レースと考えるのが妥当か。
誰もが通る道だから、とはいえ、結構なもの。気分転換
の材料を求めようにもゆとりなし。いや、なんとかする。

 3月の勝負まで、こう。食事と睡眠で調整するしか
ないが、明るいニュースを自力で創り出すことが、
そのためにも、やりぬく。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。ライティングを4本こなす。
インテグレイティッド・タスクのメモには勘所があり、
集中トレーニングする。基本は内容把握か。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、
33/64。どこまで伸ばせるか、限界を超えながら、
勝負している気がするが、ただ先へ行く。

 明日もがんばろう。

 では。

Ts270103 ここに来るのは2度目、永田町の
赤坂方面の出口で迷うことが多く、
いや、だって高速道路に対する
相対的位置といったものが把握
しにくいじゃん、それでも時間内に
会場に辿り着く。

 休日の実施ゆえ、通用門から
入館し、記帳して、受験といった運びになる。TOEIC SWの雰囲気は
TOEFLと同じ。ただ、TOEFLは試験官から英語で指示がなされる
が、TOEIC SWは日本語で指示がなされる点が、そうキーボードの
使い方も日本語でマニュアル化されており、事前に確認を済ます
ことができる点が闘いの前の休息といったところだろうか。

 予想通り、オフィシャルより、やや難し目に問題が設定されて
いる。スピーキングでは、近所の声を気にしたら負け戦になる
との経験があり、トピックスに入魂することを最優先した。
パーティションが付いており、デスクトップといった環境が
幸いした。

 ライティングのQ8、255wordsしか書けなかった。いや、思いを
綴ることの練習がまだまだだ、との考えに至る。そう、これが出発
点と思えばいいさ。

 この試験は組合わせ方が物を言うだろう、TOEFLの練習中に、
受験することも妥当な部類に属するだろうし、プラクティスの直後に
受験することは推奨されている通りだろう。

 受験層は幅広い年齢層だった。どうでもいいことを書いている気
がしてならないが、スーツ着用で受験しないと、職場に提出しにくい
形式であることに気付く。つまり、その場で写真撮影があるから。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。リーディングの正答率は、55/60。満点を
狙って取れる水準が目標だから、道程は長い。だが、やることは
他に沢山ある。これからだ。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、20/44。原因は
究明済み。時間を掛け、勘を取り戻す。ここまでは昨年の12月に
立てた予定通り。

 明日もがんばろう。

 では。

予定変更、パート1。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1/21(日)のメニューを前倒しする状況にあり、代わりに
お休みを1/22(月)に戴きます。そしてSWの経過報告を
1/23(火)に投稿する予定に変更させて戴きます。

 4時間を覚悟せねばならないメニューでしたが、現地の
教材に対する相性に救われ、1時間~1時間半で消化
する運びに至りました。感想は、結構面白いから始まる
ものの、実際のテストは難化傾向にあるだろう、随って
正答率を如何に生かすか、を課題に加えます。

 ここからが今日の課題。

 TOEFL対策はDelta。リーディングの正答率は、19/20。
解説に対する解釈も妥当。慣れ次第で、ペース・アップ
することを視野に入れる。プランの課題はSWに移行した
時に表面化するだろうから、舵取りを適切に行いたい。

 TEF対策はHachette社。COMPRÉHENSION ÉCRITEの
正答率が10/13で、LEXIQUE/STRUCTUREの正答率が
3/10。un casqueがヘルメット、un chantierが建築現場、
une pelouseが芝生、un faire-partが通知状、un cachetが
スタンプ、une foiが信頼、un filが糸、une aiguilleが針、
une mercerieが小物商、une blanchisserieがクリーニング店、
une droguerieが日用雑貨店、une quincaillerieが金物店、
un formulaireが申請書、un scrupuleが、ためらい、といった
生活用語を仕入れていく。

 明日もがんばろう。

 では。

 5/13(日)のTEFにターゲットを設定。1問 6点の150題で
結果を出す。日数を38日確保したが、Hachette社を16日で、
CLE社を17日で制覇する計画を立てる。

 オラルに計29日割り振ることができるが、強化材料として
他に必要なものが多々あることを感じるものの、5×2日分の
ゆとりしかない現状。

 エクスプレシオンを後日に設定していることが気に掛かるが、
オプシオンのみ受験することが可能だから、磨き上げた段階で、
いや、これをやらないで、どうする、との読者の皆さまからの
ご批判を受ける雰囲気を感じ、恐縮する次第。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC SW対策はサンプル。300words、30分以内、の条件を
満たすには、思うが侭にタイプする、これだけの感がある。
トピックスに左右される面を、今後の経験でカバーすること
が必要だが、物量作戦の場が1/21(日)にあり、迫力をテーマ
に掲げたい。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、26/44。
伊作文の基礎となる構文が疎かだった。動詞の用法を改めて
復習する必要がある。

 次の投稿は1/22(月)の予定です。明日もがんばろう。

 では。

教材到着。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 仏日間の航空便が国内配送期間を含めて、2週間で
あることを確認する。1/4(木)発送で1/18(木)着という
ことは妥当な期間だろうか。

 新たに計画を練る必要があり、1/20(土)にでも着手したいが、
口頭審査と作文の例題に関し、仏検2次対策としても利用
できるかな、との思いと同時に、これまでの計画との整合性を
とる必要があり、順当に進めて見せようとの思いを強くする。

 一方、独検対策の教材を、サーベイし直す必要があり、
そう、正答率80%~、ここを目標に利用できるもの、それは
国内に止める必要はない、随って視点を増やす方向で、
3/11(日)までに具体化させたいとの思いが募る。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC S/W対策はサンプル。オフィシャルと視点が
異なり、本来、プラクティスを利用すべき時期である
との認識があるが、分析材料としての視点を加える
ことが有益に繋がるかもしれない。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、
44/67。この量だと2時間半は必要。体力勝負は
TOEFL対策と重なる2月に訪れ、全力で乗り切るまで。

 明日もがんばろう。

 では。

着実に進めたいものだ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 日仏文化協会より連絡が届く。5/13(日)のTEFが、
諸々の可能性を抱えながらも、通過点の1つに折込
まれる。しかし、現地から教材が届いていない現在、
500題前後を25日前後でこなす程度のことしか考えが
纏まっていない。

 今更か、と言われそうで恐縮だが、TIMEの語彙と
トピックスが英検の傾向と類似していることを確認する。
定期購読を避け、本屋で購入し、1月に1冊のペースで
読み込んでいくプランだが、雑誌本来のあり方として、
気に入った記事から入り、自然な習慣に持ち込めれば、
勝機が見えるかな。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC S/W対策はサンプル。省略されている部分が
多く、練習材料としては絶対量が足りない。そこを日々の
報道英語で補い、しかし今回は表現する側だから、
テーマも生活英語の初歩といったことを考慮し、気楽に
練習に向かおう。

 伊検対策は文法と聞き取り。イタリア三昧の時間が
1日に1時間くらいあってもいいだろう、と勝手なことを
考えているが、3/11(日)が近づくにつれ、追い込みに
拍車が掛かることは必至。

 明日もがんばろう。

 では。

タイトに、パート4。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本来、ゆとりを取り戻す予定だったが、まず体力から。
最低限、睡眠時間だけは削れない1週間といったものを
強制的に創り出さないと、人間性を維持できない。

 リストの多さが、あるべき姿との乖離を生み出すが、
修行中ゆえ、悲しいかな、これぐらいこなせないと、
との思いが先行し、だが冷静に対処し続ける。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC S/W対策はオフィシャル。時間配分を
思い出すところから始めているから、絶好調には
遠き道。これはTOEFLへの伏線でもあるから
手抜かりは許されない。

 伊検対策は文法と聞き取り。量を減らすことで、
本来の面白みに気付くことがあり、物量作戦の
中での小休止に意義ありといったところか。

 明日もがんばろう。

 では。

神田の東京電機大学にて。

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ts270102 写真は7号館の様子。御茶ノ水
から、てくてく歩いた。靖国通りを
過ぎ、ジョナサンを横目に神田
警察通りを左折すると、すぐだった。

 基本的に禁煙で、8階に喫煙室
があることを帰りがけに知る。で、
試験だ。今回は準備期間が実質4日
の闘い、それゆえ日々の課題を2倍にし、同時に質を
高めたことが、今年1年の計画を立てる上で1つの判断
材料になる。つまり、仕事と勉強のバランスをどうとるか、
どう維持するかが、この中期戦の行方を左右する。

 今回は、最悪730でいい。報道英語主体の練習だから、
TOEICのスコア・アップと直接の関連が薄い事情により、
加えて、報道仏語、報道独語を導入したばかりでもあり、
周辺の備えに重きを置いた布陣だから、しかし、最悪730
と言うと、偉そうなことを言うな、と読者の皆様からお叱りを
受けることもあるだろうな、と思いが交錯する。

 LもRも満点狙いで攻めているから、難しかったとの感想に
なるが、つまり失点のイメージが強く脳裏に焼き付いている
ため、相対評価で難易を言うことはできても、絶対評価では、
簡単だ、と言い切れない状況に置かれている。

 経過報告は2/5(月)前後にできるだろう。公約は860~
だが、一筋縄ではいかないはず。Lが400を越えないこと
には始まらないが、前回、今回と聞き取りやすい分、
細部とその解釈における勝負になるはずだから、楽観
できない。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC S/W対策はオフィシャル。この試験は基本的に
準備量がものを言う。だから手始めに2倍で攻める。
現地の教材をチェックし、こなすことが大事であることも
基本の1つ。なければ技を編み出すまで。

 仏検対策は文法と会話。TEF対策への移行期間は
これでいく。出願は秒読み態勢。片っ端、これを鍵に
攻めていく。

 明日もがんばろう。

 では。

 これまでは1日あたり40題で最終調整を行ってきたが、
1時間で済んでしまうため、1日あたり80題で調整する
ことにしたら、演習の疲労が齎す爽快感の感触が心地
よい。

 スピードを追求することの恩恵を感じ始める。だが、
まだ序の口。TOEFLで活かすことを念頭に、準備は
怠らない。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は模試。正答率は、パート2が6/20、
パート3が12/21、パート5が12/20、パート6が
4/12で、パート7が5/10。タイムは、R60題あたり、
31分15秒。スコアは低調だが、この水準の問題が
欲しかった。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は、
19/31。まだまだ鍛え上げるべき項目が多岐に
わたる。

 明日もがんばろう。

 では。

30分の遅れか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 睡眠をとる時間が削られていくが、来週こそは
この手に取り戻す。TOEFL対策に入った段階で
こんな悠長なことも言ってられなくなるが、しばし。

 完全攻略模試が面白くなり始めた。悪い数字が
続くが、使う時期と方法さえ間違っていなければ、
妥当な数字が出るのだろう。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は模試。正答率は、パート4が4/18、
パート7が10/20、パート1が6/10、パート2が
6/10で、パート5が10/20。スコアは出ないが、
L が30/100で、R が47/100、つまり執筆者が
責任をもって予想スコアを出せない模試であることが
判明する。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は
40/56。伊作文対策を視野に収めるべき時期が
近づくが、じっくりいこう。

 明日もがんばろう。

 では。

復活に向けて。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 DeltaのCD、10枚を何とかカセットに落とし込む。
SpeakingとWritingを分割して録音すべき箇所も
あり、詳細は冊子が届いてから詰めていく。

 3月までの絵を描いた。やってみなければ、
見えてこない、との主張が予定を前倒しにする。
維持可能なハードさを基礎に据える。

 ここからが今日の課題(22日ぶりだが、調子は
変わらず)。

 TOEIC対策はパート3、4、6、そして7。正答率は、
パート3が7/30、パート4が5/12、パート6が
5/12で、パート7が9/28。タイムは56分27秒
だから、ダブル・パッセージに18分33秒掛けれる。
問題の質を考慮すると、この正答率は妥当な値。

 伊検対策は文法と聞き取り。文法の正答率は
18/26。出願済みの影響下、逆算して弾き出した
演習量がこれ。2:5で仏伊のバランスをとる。週末の
楽しみが仏文との触れ合いに変更されたと言えば、
理解されるだろうか。

 明日もがんばろう。

 では。

Prosit Neujahr !!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1/3(水)未明にかけて体調を崩したものの(不養生な訳では
なし)、70%程、気力・体力を回復させ、現在に至ります。
ここに、関係各位に感謝の旨を申し添えます。

 新年の抱負として、攻める年にしたい、との考えがあります。
元来、物量作戦を遂行するには課題が山積される我が身では
ありますが、段取りを考えて、総合力にものを言わせるしか
ない、成せばならん(「成せばなる」の意です)との覇気を練り
上げる所存です。

 日々の課題に戻るには、後4日、待ち遠しき日々ですが、
気力・体力の回復を最重要課題に挙げ、その後課題を通じ、
学力の充実を図るオーソドックスなスタイルを維持します。

 読者の皆様の御多幸を祈り申し上げ、一年の挨拶に
代えさせて戴きます。

 今年もがんばろう。

 では。

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

このアーカイブ

このページには、January 2007に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはDecember 2006です。

次のアーカイブはFebruary 2007です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて