November 2009アーカイブ

調査続行、パート5。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 約70%程度の復旧状況だが、新しく変更に
なった点についてもう少し幅広く調査を進める
必要がある。

 何が欠けているかについて試行錯誤することが
まだ続くと思われるが、しょっちゅうあることでは
ないし、良しとしよう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
13/20。今後に向けて計画を立て直したが、やって
みなければ分からないことも多いだろう。

 伊検対策は本日休み。これじゃまずいだろうと
いった見方はさておき、こんな時があっても悪く
ないだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

調査を進めて、パート2。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ある程度溜まった段階で何某か報告できる
ことがあるかと考えているが、まだまだ試行
錯誤の真っ只中にある。

 三省堂で売り切れで書泉グランデに辛うじて
一冊残っていた本を今後如何に日々のメニューに
取り込むかは3月以降の課題だろう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
14/22。エッセイは土台を固め直している最中で
これからこれから。

 伊検対策は作文と聞き取り。作文は伊文筆写
40本ほど。ずいぶんとのんびりしたペースだが、
こんな時もあるだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

 Fedora12をインストールしてみたが、細かい
部分の設定に関しさらなる調査を必要としており、
暫く時間が掛かるかもしれない。

 デスクトップの設定項目だが、背景でどの様な
変更が行われているかを考えながらの作業になる
ことだろう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSIIの正答率は、
10/15。エッセイをどうにかしないといけないが、
それは今後の様子を見て。

 伊検対策は作文と聞き取り。作文は、伊文筆写を
40本前後。今回の試験を見送り、次年度以降に繋げる
予定を立てるが、手を抜くつもりはない。

 明日もがんばろう。

 では。

設定を継続中、パート13。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ始めたばかりだからこうと言える段階では
ないが、ある程度纏まった段階で何某か言える事
が出てくるかもしれない。

 この時期に設定と言ったらあれしかないだろうが、
一概にそう言い切ることは暴論かもしれず、まあ
のんびりと進める予定。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSIIの正答率は、
12/20。語彙に関しては目処が立ちつつあるが、
問題はそれ以外だろう。

 伊検対策は作文と聞き取り。とは言え語彙
中心の対策になっているが、まあ次年度以降
に繋げる意識がある。

 明日もがんばろう。

 では。

愈々12月か。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 早いものだがそれなりに積み重ねたものが
残っており、後ろを振り返り暗い心持ちになる
こともないだろう。

 これからが上り坂との思いを新たにしながら
進み続けるしかないのだが、時に休息を挟むこと
は許容範囲内だろう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
6/23。これでは困るが、この水準の語彙をまずは
固める必要がある。

 伊検対策は作文と聞き取り。作文は、伊文筆写
を40本程。簡単な表現を使いこなす必要があり、
まずはこれで良いだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

もう11月後半か。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 12月が近づいていることを最近の肌寒さで
再認識しており、そろそろコートの出番かと
考えるときがある。

 話変わるが、闇雲に試験を組み込むより、
成果に繋がるものから優先的に計画に取り込む
方が経済的に優しいかと考えることもあるが、
環境改革月間の成否に依存する面もあり一概に
結論には至らないところ。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
13/20。メニューを最近の傾向に擦り合わせる
必要があるが、当面これで進める予定。

 独検対策は語彙、文法と聞き取り。今回の
メニューを中期戦用に組み直し、今後に繋げる
必要がある。

 次回の投稿は11/23(月)前後です。

 では。

読書の冬が近づき。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 年末年始に読み込む本の候補をそろそろ選定
しても構わないかと考えるときがあるが、それは
週末にぶらりとしたときに思い出すことにしよう。

 今年のテーマを決める必要もあるが、読み易さ
を優先にして、何某か後に残るものがあればそれは
それで良しか。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
13/20。GRE編まで繋げることを目標にしている
が、1冊あたり4ヶ月かかっているから、じっくり
と進めるしかないだろう。

 独検対策は語彙、文法と聞き取り。最後に
なってやることが色々増えたが、何とか消化
しつつある。

 明日もがんばろう。

 では。

さてと、パート15。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 最近遊びに出かけることが少なくなったが、
我が身周辺の経済事情を反映してのことかも
しれないが、どうにかする必要がある。

 そのためには幾つか条件を整える必要が
あるが、当面そんな機会は訪れることはない
だろうと考えるときもある。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
10/22。エッセイが問題になるが、暫くの間この
教材を続ける予定。

 独検対策は語彙、文法と聞き取り。語彙に
関し何周かはしたもののまだまだ実戦で試す
には時間が不足しているとの思いを抱くとき
がある。

 明日もがんばろう。

 では。

第150回TOEIC、経過報告。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ここ数回の中で最悪の結果が返ってきたが、
物量作戦を継続することに変更はなく、重心を
TOEIC寄りから英検寄りに置くことにも変わり
はない。

  Listening    Reading     percentile       Total    
395385 L 78  R 85 780
×××××

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
11/20。エッセイに関し試したいものがあるが、
それは来週以降で構わないだろう。

 独検対策は語彙、文法と聞き取り。語彙に
関して始める時間が遅かったことを考慮すると、
どこまで詰めきれるかが課題の1つになるかも
しれない。

 明日もがんばろう。

 では。

 環境改革月間が終わってもいないにも
関わらず事後処理に入るとは思わなかった
が、こんなこともあるのだろう。

 日々のメニューが増加傾向にあるが、11月
だから仕方がないと言えばそうなのだが、まあ
のんびり進める予定。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
9/20。GRE編まで何とか辿り着きたいものだが、
周回する必要もあり一山二山。

 仏検対策は語彙とディクテ。語彙の正答率は、
21/38。50%を越えているが、目標はその先に
あるので精進あるのみ。

 明日もがんばろう。

 では。

 結論から言うと時期が悪いで終わるが、もう
少しスパンを広くとり、成果に結びつける必要
があるだろう。

 中期戦から長期戦へと移行し始めるが、それを
支えるのも環境であって一括りに結論に至ること
が難しい面があることは否めない。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
14/20。いつしか改善の兆しが垣間見え、波がある
ことを承知の上で進めるのみだろう。

 仏検対策は語彙とディクテ。語彙の正答率は、
18/37。話変わって、独検の語彙対策に大岩先生の
単語集を利用し始め、一方仏検の語彙対策に何を
充てるか思案のし処なのだが、報道仏語つまり新聞
を地道に読み始めている現在、もう一つ材料が欲しい
ところで、さらに調査が必要か。

 明日もがんばろう。

 では。

さてどうするか、パート2。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 青い鳥はどこへ行ったと言っても始まらない
から、やるべきことをやるだけだが、マッチング
の問題が後に残っている。

 梯子を外されることが多いから気を付けるべき
ことも多岐に渡るが、合わないものに対して別れ
ましょうと平和に解決することはできないものか。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
16/19。偶々では困るからこの水準を維持できる様
やるだけだろう。

 仏検対策は語彙とディクテ。語彙の正答率は、
14/35。40〜60%の間を推移するが、こんな時期
を乗り越える必要がある。

 明日もがんばろう。

 では。

さてと、パート14。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 環境改革月間はどうなったという話もあるが、
それは長い目で見ながら進める事として、当面
どうするかも問題になっている。

 順番が逆の様な気がしなくもないが、背景には
ゆとり重視の方針があり、あまり負荷をかけずに
やっていく所存。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
6/20。数字が低調だが、こんな時期を含め何とか
乗り切るしかないだろう。

 仏検対策は語彙とディクテ。語彙の正答率は、
17/32。漸く50%を越え始めたが、ここを通過点
にするため、精進あるのみ。

 明日もがんばろう。

 では。

 環境改革月間が続いているが時期が悪いと
いった見方もあり、暫くはこのペースで進む
ことになるだろう。

 物量作戦を遂行するためのバックボーンを
見直している訳だから簡単には行かないだろうが、
じっくり進める予定。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
9/20。傾向のずれを修正すべく材料を変える必要
もあるが、差し当たりこの方針で。

 仏検対策は語彙とディクテ。語彙の正答率は、
19/39。愈々だが然程焦りはなく、とは言え語彙
対策の教材を探す必要があるかもしれない。

 明日もがんばろう。

 では。

 久しぶりの週末はいつもの忙しなさと裏腹の
関係にあり、まあ来週こそはのんびりするぞと
誓いを新たにする。

 そう色々あるが、ゆとり重視の方針に
変更はなく、このペースで休暇を迎える
ことができれば、良しとしよう。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
12/20。今更だがテスト用のエッセイが要求されて
いて気乗りしないのだが、つべこべ言わずやるだけ
だろう。

 独検対策は語彙。後は空き時間を利用して
詰め込むだけで、文法のおさらいも必要かも
しれない。

 明日もがんばろう。

 では。

First we need to install Sounds for Gnome, such as gnome-audio-2.22.2-4.fc11.noarch and ascertain login.wav is stored in the directory /usr/share/sounds.

Second we go to System>Preferences>Personal>Startup Applications>Startup Programs, select Gnome Login Sound, and edit its command.

The initial state is given below.

/usr/bin/canberra-gtk-play --id="desktop-login" --description="GNOME Login" 

It needs to be modified as given below.

/usr/bin/canberra-gtk-play -f /usr/share/sounds/login.wav --description="GNOME Login"

Third we can hear login.wav instead of desktop-login.ogg when we login again.

Finally I will be happy to assist you in customizing the login sound on Fedora 11.

気楽に、パート9。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 そうはいかない事情も結構あるが、諸々の
状況と適切に距離を置きながら、まあ対処して
いけば良いかと考えるときがある。

 1月の勝負がチラリと過るときがあり、11月の
勝負が終わっていない現状、大枠のみを固めておく
のみで良いかもしれない。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
11/20。次回は受験地を変えてみて、少し様子を
見る必要があるだろう。

 独検対策は語彙。文法をざっと見直す必要が
あり、それは語彙が一段落してからだが、時間
が僅かなので、空き時間の活用か。

 明日もがんばろう。

 では。

 そう簡単に進む訳ではないが、環境改革月間
がまだ続いており、成果に繋げたいところだが、
やってみなければ分からないことは依然として
多い。

 まあそんな訳だから、のんびりと進めても
構わないだろうと考えることがあり、ゆとり
重視の方針に変更はない。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
6/25。Ⅱに入って、1100と同じ形式が続き、周回
が必要なことは以前と同じ。

 仏検対策は語彙とディクテ。語彙の正答率は、
20/35。コンスタントにこの数字が出る様、今後
を睨む必要がある。

 次回の投稿は11/5(木)前後です。

 では。

 似たようなタイトルが続くが、最近はこの
シリーズを続けて、まあ、のんびりすることを
考えている。

 そうは言っても、まだ終わっていない話も
幾つかあるから、それは今後の経過を見てどう
するかを決める算段。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
10/20。傾向が異なるから、調整する必要があるが、
当面この方針で。

 仏検対策は動詞の活用とディクテ。活用の正答率は、
0/9。久しぶりにやってしまった感があるが、偶にだが
よくあることなので、精進するのみ。

 明日もがんばろう。

 では。

 11月の勝負が近いが、それ相応の善後策が
生まれつつある現状、もう暫くこのペースで
進むことになるだろう。

 瞬間風速で逃げ切ることを考えていない
ので、まあのんびりと進める方針に変更は
なく、着実に。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSⅡの正答率は、
12/24。エッセイの評価について暫く様子を見る
必要もあり、このペースで。

 仏検対策は動詞の活用とディクテ。活用の正答率は、
2/7。語彙を強化する必要があり、教材を調べ直す必要
があるが、それは後日。

 明日もがんばろう。

 では。

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

このアーカイブ

このページには、November 2009に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはOctober 2009です。

次のアーカイブはDecember 2009です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて