第114回TOEIC結果報告。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 通常、土曜到着だが、前回と同じ、金曜到着だった。
午後2時の便で、自宅に配送された。ちなみに自宅は
千葉県。でも千葉市じゃないよ。田舎のほう。

 76,971人が受験する中、Lの平均スコアは310.5で、
Rの平均スコアは256.6。ちなみに前回(第113回)、
Lの平均スコアは311.1で、Rの平均スコアが259.9
だから、L、R共に、やや(4ポイント)難化した感がある。

 高校の先生の平均は、1,372人受験して、702→703
と1ポイント上昇し、中学校の先生の平均は、635人受験して、
653→654と1ポイント上昇している。

 ちなみにNo.1は、語学学校の先生の平均で774。

 僕の今回の目標は、パーセンタイル75~77だったが、
72.1(第113回)→75.1(第114回)と3ポイント
上昇。ぎりぎりではあるが、公約を果たす。

 すると次回の目標を77~78にしたくなるが、これは今回の
スコアの内訳を見ないと話が分からなくなる。

 Lで355、Rで335と、いい所を見つけるのに苦労するスコア
だが、Lで400を overするか、L、R共に365を overするか、
いや、最低限Rで350をクリアするか、といった所が目標の
設定を困難にしている。いずれにせよ、次回はリスで稼ぐ。

 そして勉強を続けることを第一目標に精進したい。
リスは地道な努力を継続していこう。

 ちなみに昨日のTOEICの過去問によれば、Rの予想スコアが
320-365と算出されたが、奇しくも当たっていた。パート6
での失点を最小限に抑えたいが、どうするか。

 ところで、これからは今日のメニュー。

 TOEIC対策は対策本。正答率は、パート4が3/5で、
パート7が14/16。パート4のディクテーションは8/14。
パート7での失点をトータルで5問以下に抑えたい。

 仏検じゃないんだから、ディクテーションはやりすぎ
なのかもしれない。しかし、この効果を、この6~7月の
試験で試す。何事も、トライアル・アンド・エラー。

 伊検対策は定冠詞。正答率は、語の変形が9/12、
定冠詞の穴埋めが4/6で、不定冠詞との混合が5/5。
このあたりは調べながら、過去の伊検対策を思い出し
問題を解き進める。

 基本しか聞かれないはずだが、70%の正答率を
らくらく取れないと、合格は覚束ない。

 明日もがんばろう。

 では。

P.S. サウザンド・ビュー達成することができました。
 応援してくださった読者の皆様にお礼申し上げます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/1699

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがJune 25, 2005 4:29 AMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「リスの調整方法。」です。

次の記事は「明日はTOEIC、突破なるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて