刑事訴訟法第47条について考えること。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今から15年以上前に卒業した早稲田の政経のカリキュラム
には刑事訴訟法は選択科目に含まれておらず、現段階、手元
の六法をもとに僕なりに理解を進めてみたが、纏めておくこと
は悪いことではないだろうと考え、一筆する次第。そう言えば
入学時に鈴木重勝先生から「今は政経で専門分野を勉強して、
その後法律に対する興味がなくなっていない様であれば、
その時にまた法律を勉強すればいい」とアドバイスを受け、
その時が今なのかなと考え直すこともあり、物事は重層的に
進んでいる様子。

第四七条
訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公に
してはならない。但し、公益上の必要その他の事由が
あつて、相当と認められる場合には、この限りではない。

 この条文の解釈について最高裁の判例があり、

本条本文は、訴訟に関する書類が公判開廷前に公開される
ことによって、訴訟関係人の名誉を毀損し、公序良俗を
害し、または裁判に対する不当な影響を引き起こすことを
防止するための規定である。(最判昭28・7・18刑集七-七-
一五四七)

 今回は既に釈放されており公判が開始されない現状を
鑑みると、刑事訴訟法第47条を準用なしうるかについて
合理性を欠いていると、私は見ているのだが、恐らく別の
アプローチがあるのだろう。

 国家公務員法第109条では、罰則を以下の様に規定
している。

第一〇九条
左の各号の一に該当する者は、一年以下の懲役又は
三万円以下の罰金に処する。
 十二 第百条第一項又は第二項の規定に違反して
    秘密を漏らした者

 これ以上でも以下でもないのだから淡々と進めて
いけば良いことだろう。だから胡散臭いと言われて
いるのではなかろうか。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSGREの正答率は、
4/20。squalid, sordid, 不潔な、opprobrium, 非難、
salacious, 好色な、rubric, 範疇、fulminate, 聲高に
非難する、vilify, 中傷する、rescind, revoke, 無効に
する、impetuous, 衝動的な、discordant, 調和しない、
dulcet, 甘美な、chary, 内気な、extant, 現存している、
ephemeral, 束の間の、enduring, 恒久的な、connoisseur,
玄人、dilettante, 素人、commensurate, 相応しい、
arduous, 困難な、abjure, 撤回する、embrace, 採用する、
diatribe, 痛烈な非難、encomium, 賛辞、等で失点して
おり、周回が必要か。

 仏検対策は動詞の活用とディクテ。試験を来週に
控えているが、追い込みの雰囲気は全くなく、いつも
のメニューをこなし、精進あるのみだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/3115

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがNovember 14, 2010 9:43 PMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「のんびりと、パート41。」です。

次の記事は「もう暫くブログのトップ画面が暗いままかもしれない。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて