何かの折りに耳にする「外国語のテキストの方が分かり易い」といった幻想に対し、一考察。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 英語よりドイツ語に分かり易い解説が多い、または
フランス語の方に分かり易い解説が多いといったテーマ
があることはこれまでに何度も経験している。そして英語
で説明される世界に踏み込まないことには二進も三進もいか
ない状況に置かれていることもこれまでに何度も経験している。
しかし、その本を読むなら日本語で書かれた本質に近づける
分かり易い本があると言いたくなる時があることも事実である。

 学生に外国語を学ばせる動機付けとして、外国語の
テキストの方が分かり易いと説明することは、方便と
してあり得るが、短期間に理論を習得する必要に迫ら
れているならば、和書の役割に一定の理解を示す必要
があり、外国語で学ぶこととアカデミズムを結びつける
必然性が成立しないトピックスが散在していることも
事実である。

 外国語学習者として、理論に対する理解を最優先事項に
掲げると、何度となくこの記事のタイトルに提示した様な
テーマが頭の中を駆けめぐることがある。実社会では外国語
の運用力に価値を認めない場面が多々あり、反面外国語の
運用を持ち上げる風潮は後を断たない。

 言いたいことは、外国語と日本語の双方で正しく
説明できる力が必要とされており、何故日本語で正しく
説明できる能力が然程評価されないのか、その理由が
分からないといったことになる。

 私が見聞した世界で言えば、外国語のテキストの方が
分かり易いと言って紹介されるテキストの多くが分かり
易い理論のみを扱っているか読み易い構成で纏められて
いるに止まり、本当に理論を習得するためには和書を
併せて読み込んでいかないと深みが得られない経験が
多かった。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSGREの正答率は、
11/20。demote, relegate, 降格させられる、simper,
にたにた笑う、atone, expiate, 〜を償う、spendthrift,
浪費家、stymie, 妨害、stygian, 陰気な、destitute,
貧窮の、solvent, 支払い能力のある、sophomoric,
未熟な、succinct, 簡潔な、verbose, 言葉数が多い、
等で失点しており、周回が必要か。

 仏検対策は動詞の活用とディクテ。今回はかなり
のんびりしたペースで進めることになったが、こんな
時があっても構わないだろうと考える時がある。

 明日もがんばろう。

 では。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/3118

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがNovember 18, 2010 11:46 PMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ここ10年を振り返って今東京で一番充実している書店に立ち寄って。」です。

次の記事は「一進一退、パート11。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて