振り返って新卒の就職活動と離職活動について考えていること。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 建前として、科学の進歩に随い、大学で学ぶ内容が増加傾向
にあることを背景にして、大学4年の前期まで充分専攻分野の
研究に従事できる時間が確保できるとしたら朗報に聞こえるか
もしれないが、実際の処、表裏の論理を使い分けながら裏の論
理を表の論理に巧妙にすり替えることに長けているエージェン
トを相手にしていることを考慮すると、どうだろうかと考えた
くなるときがある。

 このエージェントなるものは圧力団体としての性質を有して
いるため、そう簡単な話ではないのだが、苦労して採用された
としても報われない労働環境に直面することを知ったならば、
離職率を高める方向に作用してもそれは仕方がないだろうと考
えるときがあり、それは失業率の上昇をもたらす訳だが、以前
は程々の付き合いといったものが多方面で見受けられた様に思
える訳だが、最近はそれ程のものでもないにもかかわらず、相
当量の適性といったものを求めるエージェントが多く、それは
つまり割に合わないといった結論を導く以外の何物でもないの
だが、そこで新卒がそれを柔軟にも受け入れてしまうといった
経緯が語ることは、それでは長続きしないでしょうといった結
論になり、やはり離職率を高める方向に作用する先程の話に戻
ることになる。

 つまり構造に問題が在る訳だが、いつから暮らしにくくなっ
たのかといった問いと対応関係に在る様なこの問題を解決する
ためには、情報の偏在性といったものを解消する努力が必要で
あり、その上で無理難題を振られることがあっても、それは割
に合わないから断るといった姿勢を新卒側が打ち出すことに相
手が寛容になる社会環境の整備といったものが仮に求められて
いるとしたら(しかし、このような話は受け容れがたいとする
立場の方も多々おられることだろう..)、エージェント側が
優位な立場を利用した論理といったものを振り回すことが暗に
想定される訳だが、それでも断固として断り続ける姿勢といっ
たものが求められているとしたら(仕事とはそんなときもある
だろう..)、失業率の上昇に貢献してしまうことに繋がるも
のの、そこでの労働市場から退出させるべきエージェントとの
拮抗が次の世代に対する贈り物として残ることに繋がることに
なり、(こんな話ばかりしているから甘いと言われる訳だが、
社会貢献を体現する姿は人それぞれだろう..)、それを指し
て、健全なる社会の発展の経路と捉えるならば、それは違うと
いった指摘に繋がることになろうか(要は双方に誤解がある状
況で得をしようといったエージェント側の下心が現在の停滞を
招いているといった見方に立つことがあるが..それ以上は場
合に依りけりか..)。

 ここからが今日の課題。

 TOEIC対策は模試。正答率は、パート2が15/20、
パート3が14/21、パート5が18/20、パート6が12/12
で、パート7が9/10。Rの時間は累計29分で、残り40
題に対し、46分あることになる。

 独検対策は語彙と聞き取り。のんびりと進めており、
このペースに変更はなく、それでも物量作戦を進めて
いるつもりだが、精進あるのみだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/3173

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがJanuary 27, 2011 11:54 PMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「そろそろ次に読み込む本の候補を決める必要がある訳だが。」です。

次の記事は「近年の経済における風説を眺め考えていること、パート4(全然専門的な話ではなく経済学とは全く関係がない..)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて