問題の多い発言が続くが、OBにとって早稲田とは何だったのか、パート2。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前回の記事で、大学は就職予備校ではないが各種スキル
の養成を支援しないと学力の低下のみならず学生の不満を
増大させるかもしれない(事実、相当数の不満が溜まって
いることだろうが、学生は4年で卒業するといったサイクル
に助けられ、問題は今に至っても解決されていない)と
いったことで締めくくった訳だが、話には続きがある。

 そんなことは一人でやれば良いといったことの中に
大事なことが相当数含まれていることをこれまでの経験
が語るのだが、世の中には教えなくても良いことが沢山
あるといった立場を優先させる方々が本当に多いことに
困惑している。

 例えば、地方には私学蔑視の風潮がある。当人の問題
だから立ち入ることはしないが、東京の感覚で話をして
いるといつの間にか暗に攻められているといったことも
こんな地方の文化を尊重しなかったがために起こる悲劇
である。

 東京に優秀な子供が多いとは思わないが、地方に多い
かと言えばそんなことはなく、何を言いたいかというと、
お互いの地域を尊重し合えば良いといったごく普通の結論
なのだが、それができていない人は数多い。

 それで本題に戻るが、一つのヒエラルキーで物事を
語るのを止めにしようといった趣旨があり、世界には
沢山の中心がありそれで物事が進んでいる、だから日本
にも沢山の中心があることを前提にして議論を進めるの
が今まで気づかなかった日本の良さの再発見に繋がって
良いのではないかといったこと、つまり一つのヒエラル
キーとその対極といった二項対立ではなく、複数の中心
が互いに影響を及ぼしながら、前に進んでいくといった
モデルが説明できることが大きいのではないか、さらに
言うなら、軍隊教育を持ち上げる風潮にそろそろ止めを
さしてあげた方がハラスメントの減少に繋がり精神衛生
上好ましいのではないか、ボス、つまり教員や上司を
中心にしたヒエラルキーで物事を考えるからこの手の
ハラスメントが横行する温床が生まれる訳で、複数の
ヒエラルキーを許容できれば、常に他者の目を意識する
ため、間違いは減少するのではないかと漠然とだが考えて
いる。

 それで本題に戻り早稲田とは何かだが、日本に数ある
大学の中心群の一つにすぎないといった見方に落ち着く
までに暫く時間がかかった、それでもこの学校の欠点は
数多くあり、その他の中心群に欠点がないかと言えば
それは通う者が語り合えば良いことと思われるが、ない
訳ないだろうといった当たり前の結論に帰着される。

 過不足なく説明できたかは読者の皆様に委ねるしか
ないが、少々デリケートな話題を取り扱ったため、うまく
バランスをとることができたかは、これまでにも色々横
やりを入れられる中で眺め考えてきたことなので、まあ
機会を改めて説明するときに任せるかもしれない。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSGREの正答率は、
2/11。cadge, mooch, ねだる、brook, 〜に耐える、
boor, 不作法な、broach, 浮上する、calumniate,
slander, 中傷する、castigation, 酷評、caustic,
痛烈な、cajole, だまして〜させる、等で失点して
おり、周回が必要か。

 独検対策は語彙と聞き取り。やや雑に語彙に
取り組んでいる気がしなくもないが、2冊目に
向けて、精進あるのみだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/3137

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがDecember 11, 2010 9:54 PMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「問題の多い発言だが、OBにとって早稲田とは何だったのか、パート1。」です。

次の記事は「TOEIC800〜860が示すことについて、一考察。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて