近年の経済を眺めて考えていること、パート2。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前段の記事でバブル経済とは、異時点間の資本移動と
いった枠組みを用いて考えるならば、将来の資源を現時
点で活用する経済活動を指しており、現時点での産業間
の資源配分の枠組みを基礎にして考えているため、将来
の時点ではその資源配分の枠組みの在り様が効率的でな
いといった問題に直面する可能性があり、やや大袈裟な
例を用いるなら、将来の豊田市や日立市がこう言っては
語弊があるかもしれないがアメリカのデトロイトが直面
しているだろうと伝えられている現状克服の苦しみの中
にあるであろう可能性を十分に考慮した上で資源配分を
行う必要がある訳だが(適切な例でないかもしれないが
炭鉱都市として発展した夕張市の在り様を考えると分か
りやすいと言ったら、それは不適切な例だろうか..)、
現時点では将来の産業構造の変遷について技術の革新が
いつどの分野で行われるのかが未知のため、誤った資源
配分を行う可能性を打ち消すことが難しい問題になり、
結果として誤った資源配分が技術の革新に必要とされる
土壌を失わせる方向に作用していないかといったことが、
現在約20年続いたと言われている経済的停滞の背景に存
在していないだろうかといったことを考えるときがあっ
た(つまり、大概バブルの当事者は短期の視点で活動し
ているため、長期の視点で活動する姿勢は陰に隠れるこ
とになり、将来における資源配分の効率性が保証されな
い現状を今更ながら指摘している..)。

 それで金融だが、雨の日には傘を貸さず晴れの日に傘
を貸すと言われる金融機関の行動の背景にある考え方の
1つに優良な借り手を探しているのだが探し出すのが難
しいマッチングの問題の背景にある情報の非対称性から
なる逆選択の問題が含まれるだろうと考えることがあり、
それは金融機関のジレンマとして昔から言われてきたこ
とであるが、これを顕在化したのが昨今言われている金
融機関の問題に内在されていないだろうかと考えること
があり、それ故に長期化する不況が説明されるとしたら、
そう簡単な話ではないだろうとの考えを抱くことがある。

 それでバブルに戻るがアメリカの双子の赤字が指して
いる財政赤字は、言い換えればアメリカ国債のバブルが
アメリカの政治的影響力を背景にして人為的に継続され
てきた結果でもあり、これは他国が模倣しようにも模倣
し難い側面があるから、ギリシアであれアイスランドで
あれ、そういった財政破綻をバブルの帰結として把握す
るなら、それはそういった悲劇が在り得ることが十二分
に在り得ることだと周知ならしめた経緯でもあり、そう
いうこともあるかと我が国の現状と重ねて眺めることが
ある。

 17世紀のオランダのチューリップ恐慌にせよ18世紀の
南海泡沫事件にせよ昔から言い表されてきたことが現在
行われている訳だが、新たに生み出さねば何も始まらな
いことは事実であり、それには暫し時間を必要としてい
るといった事実もあり、それを嘆いても何も始まらない
ではないかといった立場に立つことがある。

 ここからが今日の課題。

 英検対策は語彙とエッセイ。WSGREの正答率は、
6/14。suppliant, 拝む様に、supplicant, 嘆願する人、
surfeit, 過度の、sycophant, おべっか使い、tenuous,
内容のない、tawdry, 派手で安っぽい、toady, おべっか
使い、torpid, 不活発な、sluggish, 怠惰な、等で失点
しており、周回が必要か。

 独検対策は語彙と聞き取り。のんびりと進めており、
このペースに変更はなく、そろそろギアを入れ替える
必要もあるのだが、精進あるのみだろう。

 明日もがんばろう。

 では。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/3162

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがJanuary 14, 2011 2:05 PMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「近年の経済を眺めて考えること(学問的な話は一切していない..)。」です。

次の記事は「近年の経済を眺めて考えていること、パート3(話していることは昨日と同じだが..だったら繰り返すなと言われそうだが..)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて