3/21〜3/22、ドイツ気象庁(DWD)の日本における放射性物質の拡散に対する予測について一考察

| コメント(0) | トラックバック(0)

 インターネット上には様々な情報が偏在しているため、
実際に、DWDの独文を読み下した上で考えたことを記す
ことにする。URLは以下の通りになる(現在リンク切れ)。
http://www.dwd.de/bvbw/appmanager/bvbw/dwdwwwDesktop?_nfpb=true&_pageLabel=dwdwww_start&_nfls=false

 Wetterlage und Ausbreitungsbedingungen in Japan
の左にある2枚の図についての解説だが、最後のパラグラフ
に書かれてある様に、図が実際の放射性物質の濃度を示す
と結論づけることは意図されるものではなく、また危険性
を評価できる訳でもないと断りがあることからも示される
様にあくまでも例として挙げられているにすぎないといっ
たことを理解しておく必要があるように考えている。

 その理由として、理論的に色々あろうが、放射性物質は
向きが変化する風に乗っかっており、予測することが難し
いからだといったことが第1パラグラフに書かれてあった。

 ただし3/20(日)時点の記事を基にして内容を把握したこ
とだが、第1パラグラフと第2パラグラフを通じて書かれて
あったことは、気圧の谷が移動するにつれ、西からの風が
北西からの風に変わることと、放射性物質の拡散は首都圏
を含むこと、及び太平洋上に放射性物質の拡散が移った後
はその拡散の速さが増大することだった。

 図をクリックすると分かることだが、これは若干矛盾を
孕む考え方であるものの、hochと記載された紫から赤のゾ
ーンについて注意を払うことに関しては問題が少ないだろ
うと考えることがあり、その他にも色々考えることがある
が、何度も繰り返すがあくまでも例に過ぎず、詳細な検討
を加えるには色々問題があることは断りに示されている通
りであり、同時に政府公報を参考にしていく必要があるだ
ろう。URLは以下の通りになる。
屋内待避エリア内
http://www.kantei.go.jp.cache.yimg.jp/saigai/20110320taihi_seikatsu.html
その他東北、関東地方
http://www.kantei.go.jp.cache.yimg.jp/saigai/20110321ame.html

 専門外の人間が口を挟むと問題も多い様に感じられる
ことがあるから、差し当たりこのあたりに止めておくと
それはそれで十分に説明をしていないとお叱りを受ける
ことに繋がろうか。

 それでは。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzuki-labor.com/mt/mt-tb.cgi/3186

コメントする

My Photo
プロフィール!
2016・11・15 改訂
spacer01
rssspacer01foaf
spacer01
atom.xml
spacer01

この記事について

このページは、Suzuki TakashiがMarch 21, 2011 12:21 AMに書いた記事です。

ひとつ前の記事は「福島の原発について一考察、現状認識と対応」です。

次の記事は「The nuclear crisis in Fukushima and some of the Japanese problems」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

November 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Posts

月別 アーカイブ

Workbooks

  • Basic Word List
  • Basic Word List 3rd Edition
  • Samuel C. Brownstein (著), Mitchel Weiner (著), Sharon Weiner Green (著)
  • SAT、GRE用の語彙が2000語以上収録され、2009年4月に4th Editionが出版される。又、Synonym Testが750題、Comprehensive Testが75題付記されている。2005年8月に国内向けの訳本として『最強の英語ボキャブラリー1700語』が出版され、Synonym Testが500題、Comprehensive Testが50題付記されている。
  • 1100 Words You Need to Know
  • 1100 Words You Need to Know 4th Edition
  • Murray Bromberg (著), Melvin Gordon (著)
  • SAT用の語彙が920語、熟語が184語収録され、2008年6月に5th Editionが出版される。Review, 24題で1週分の知識の確認を、Analogy Review, 15~20題で10週分の確認を、Final Review Test, 150題で46週分の確認を行うことになる。1周しただけで定着する程簡単なものではなく、繰り返しが重要なことは他のボキャビル本と同様。音声教材として Wordplay: 550+ Words You Need to Know 2nd Edition が出されており、The Rambling Panthersから始まる7つのドラマに新出語句を散りばめている。
  • Kaplan Word Power
  • Kaplan Word Power 3rd Edition
  • Kaplan (著)
  • SAT、GRE用の語彙が750語収録され、Plug Inの10~15題で1課分の知識の確認を行うことになる。収録語彙の水準は類書よりやや高めで、Plug Inでの設問の尋ね方もやや高度なものになっている。具体的には Fill in the blanks. や Match the word closest to the word that means the opposite. といった形式に苦労した。又、音声教材として Kaplan Word Power (CD) があり、CD2枚の構成になっている。
  • Word Smart
  • Word Smart for the GRE, 2nd Edition
  • Princeton Review (著)
  • GRE用の語彙が678語収録され、Quick Quizは65課あり、6~15題で1課分の知識の確認を、Final Exam Drillの570題で57課分の確認を行うことになる。類書にSAT用のWord Smart、Word Smart Ⅱ等があり、それらを含めて繰り返し訓練するとなると、結構時間が掛かるのは当然だろう。又、音声教材としてSAT用だが The Princeton Review Word Smart CD があり、All or Nothingから始まる14のドラマに228語が散りばめられている。
spacer01

Banner


Bookmark

  • Valid XHTML 1.0 Transitionalspacer01
  • Valid CSS!spacer01
OpenID 対応しています OpenIDについて